児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

札幌・東北エリアからのお知らせ

秋田 秋田駅東校

いよいよ夏本番🍉【秋田駅東校】

やっと梅雨明けしましたね🌞❕

 

秋田は、朝はどんよりとした⛅曇り空⛅でしたが

湿度が高く暑い日が続いております。

 

みなさま、お体崩したりしてませんか???

 

さてさて

今日から🌻8🌻。

暑さもさらに厳しくなると思います。

 

夏休み中のお子様たちも、元気に外で遊んだりしていることと思いますが

 

この時期大切なのが、熱中症予防です❕

 

 

皆さんは、どのような対策をされていますか?

 

 

本日は、大人よりも熱中症になりやすいお子様のための

 

手軽にできる熱中症予防対策についてお話したいと思います💡✨

 

 

 

🍉   🌻   🍉   🌻   🍉   🌻   🍉   🌻   🍉   🌻

 

 

 

 

子どもの熱中症を予防するための5カ条

 

 

 

●水をこまめに飲む

「のどがかわいたな・・・」と思った時には、すでに脱水症状がでています!

こまめに水分補給することが大切です。

要注意なのは・・・ジュースなどで糖分をとりすぎてしまうこと!

冷たい飲み物ばかり飲むのも注意ですね。

 

 

●顔色や汗のかき方を十分に観察する

顔が赤い、たくさん汗をかいている場合は、深部体温が高くなっています。

涼しいところでゆっくり休ませましょう。

 

 

●服装を選ぶ

汗や熱を放散しやすく、身体を締め付けない衣服を選び、外出時は👒帽子👒を被りましょう。

 

 

●汗は冷たいタオルでふく

汗は冷たい濡れタオルでふき、からだの表面を少し濡れた状態にしておくことで、

気化熱による熱放散が起こり、体温を下げる効果が期待できます。

 

 

●日頃から暑さに慣れさせる

気温が急に上昇した時でも熱放散などの機能が働くよう、

日ごろから外遊びをして「汗をかく習慣」をつけましょう。

 

 

 

特に大切なのは5つめの「汗をかく習慣をつけること」です。

子どもは汗腺の発達が不十分ですが、普段から汗をかいている子どもは、

急な温度の上昇でも汗をかいて熱を放散することに、身体が慣れています。

 

 

子どもは、大人よりも熱がこもりやすいという特徴があり

普段から「汗をかく」ことや「こまめに水を飲む」ことに慣れておくと、

熱中症や脱水予防に役立ちます。

 

 

このほかにも、たくさんの予防策があるかと思います。

外だけでなく、室内でも熱中症になる可能性もありますので

エアコンで温度調整するなども必要ですね。

 

 

また、睡眠や栄養を十分にとり、規則正しい生活を送るのも

予防になるかと思います。

 

 

 

 

みなさん、夏バテや熱中症に気を付けて

楽しい夏休みをお過ごしくださいね💛

 

 

 

 

🍉   🌻   🍉   🌻   🍉   🌻   🍉   🌻   🍉   🌻

 

nayami

こんなことでお困りではありませんか?

 

□学習についていけない

□感情のコントロールが苦手

□遊びの切り替えができない  など

 

お子様のことでお悩みの方、ぜひご相談ください!

 

 

🍉   🌻   🍉   🌻   🍉   🌻   🍉   🌻   🍉   🌻

 

 

 

こどもサポート教室「クラ・ゼミ」秋田駅東校

 

〠010-0851

 

秋田県秋田市手形字西谷地704-1センティースマンション104

 

📞お問合せ📞 018-838-7758

 

 

 

【営業日】火曜~土曜 10:00~19:00

 

 

 

 

 

 

 

一覧に戻る

カテゴリー

アーカイブ

page_top