怒りの裏側にあるのは

「悲しい」「つらい」「さみしい」「不安」「苦しい」などの一次感情

 

 

実は怒りは「二次感情」ともいわれています。

 

強い感情のため、その裏側に潜んでいる感情になかなか気付けないのですが、怒りの裏側には、本来分かってほしい感情である『一次感情』が潜んでいます。

 

こうあってほしいという期待や理想が裏切られ、分かってほしいと思うことが分かってもらえなかったときに怒りは生まれます。

 

その際は、怒りの裏側にある『悲しい』『つらい』『寂しい』『不安』『苦しい』というネガティブな感情である一次感情に目を向けてほしいと思います。

 

気持ちの裏側に、約束を破られて「悲しい」「さみしい」という気持ちが潜んでいるならば「約束を破られて悲しい」「会う約束を楽しみにしていたので、さみしい」というように気持ちを言葉にしてみることもいいかもしれません。

 

もし、ご本人が言葉にできないような時は、「約束を破られてかなしかったんだね」など、代わりに伝えてあげることも良いのかもしれません。