みなさん、こんにちは!「きらり」綱島校です。

 

H29年も6月に入りあっという間に半分になりましたね。

 

今年の3月には不安と期待を胸に新しい環境に向かっていった子供たちも

今ではすっかり新しい学校やクラスに慣れた様子で

運動会や宿泊学習と頑張っている話を耳にする機会が増えました。

 

「きらり」綱島校では、小さなお子様には【集団】が良いのか、

【個別】が良いのか悩んでいる。と保護者様からお話を伺う事があります。

 

乳児から未就学の子が何かを覚えるには、

まず子供と両親(大人)という個別の関係から

様々な事を学びます。

 

 

大家族など、ご兄弟姉妹がいると育ちが早いと言いますが

それは見本(刺激)になる対象が家庭の中にいる事が

絶対条件になると思います。

 

 

そして発達に障害のある子、凸凹のある子には

その子に適した見本でなければ難易度の高い見本、

理解が難しいだけの見本になってしまいます。

 

 

その結果、自信を無くしてしまう。

誤った認識を持ってしまう等にならない様に、

きらり綱島校では【個別】をお勧めしています。

 

そして綱島校では、

 

・各種の障害特性等を指導員が理解した上での

【丁寧に、判りやすい指導方法】

 

・綱島校で行う療育が【将来どんな場面で役に立つのか】という、

児童の将来像をイメージの共有化。

 

療育計画(個別支援計画)を基にした

療育プログラムの検討会、教材・ツールの活用方法

 

・綱島校の療育が【児童にとって頑張れるもの】になるための工夫

 

を職員全員で日々検討しております。

 

発達障害または疑いについてお悩み等のある方は

港北区綱島東の「きらり」綱島校へご相談下さい。

 

 

「きらり」綱島校の特徴は、個別療育から始まる、

 

【個別】→【小集団】のプロセスを1つ1つ丁寧に

 

お子様のお手伝いを致します。

 

 

「きらり」綱島校をご利用になって、いずれ【集団】という

それぞれのお子様のフィールドで元気に活躍できる様に

【個別療育】・【小集団療育】をさせて頂きますので、

どうぞお気軽にご見学・体験にお越しください。

 

 

☆小集団療育の募集

「きらり」の療育は通常個別療育ですが、2~4名程度の小集団での療育を開始します。

 

同じ年頃のお友達と一緒に話を聞く・考える、協力する。など

個別療育とはまた違った形で【1人1人の個性が、誰かの為になる個性に繋がる支援】を致します。

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

児童発達支援

○毎月 第2・4 土曜:12:00~13:00 『ふれんず』(年中~年長 程度対象)

○【新規】5月~ 月曜:14:00~15:00 『てくてく』1.5歳~未就園・年小 程度対象)

(5月15日、6月19日、7月24日)

 

放課後等デイサービス

○【新規】5月~ 月曜:17:00~18:00  『FLAP』(小1~小4  程度対象)

(5月15日、6月19日、7月24日)

 

沢山のご応募・お問い合わせをお待ちしております。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

-----------------------------

【空き情報】

放課後等デイサービス(あとわずか)

児童発達支援(平日:空き多数)

 

ご希望の日時・お時間でのご案内等が難しい場合もございますが、

今後ご検討されている方はお早めにご相談・ご見学に来て頂ければと思います。

-----------------------------

 

こどもサポート教室「きらり」綱島校

住所:港北区綱島東2-19-29グランドゥール日吉200号

電話:045-718-5670

E-mail:kirari.tsunashima@kurazemi.co.jp

開校日:火~土曜日:10:00~19:00【日・月休み(月に1回程度開校あり)】

駐車場2台あり(地図PDFはここをクリック

駐輪場数台あり

 

 

※見学・体験の際は事前にお電話頂けますようお願い致します。

1.5才~未就学児の児童発達支援、

小学1年生~高校3年生(18歳)の放課後等デイサービス共に

1:1のマンツーマンでの個別療育を行なっています

 

 

自閉症、自閉症スペクトラム、ADHD、アスペルガー症候群、

ダウン症、広汎性発達障害、普通級、支援級、個別支援級、

知的障害、LD、重複障害学級、ことばの遅れ、グレーゾーン