児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

ごあいさつ

現代は確信をもって問題解決を図ることが難しく、様々な分野で対処しにくい時代になっているといえます。小中学校で 10 万人を超える不登校、減らない「いじめ問題」、6万件を超える児童虐待、ひとり親や共働き世帯の増加、LINE や SNS などによる生活・友人関係のありかたの変化、そして発達障がいの顕在化など、どれ一つとっても解決することなどできないという消極的な考えに陥ってしまいそうになります。 しかし、発達障がいに係る支援は歴史も浅く未知な部分も多い一方、これから支援できることはたくさんあると思っています。 効果的な療育方法の開発、こども一人ひとりの発達の状況に適応できる療育支援システムの構築、こども一人ひとりの適性や能力を発見して将来につながるスキル獲得トレーニングなどです。 私たちは平成 28 年 4 月 1 日、一般財団法人「発達支援研究所」を設立しました。発達心理学の専門家である山本登志哉(やまもと としや)氏を所長に迎え、発達支援に取り組む行政機関、大学・専門機関、幼小中高の学校、福祉・医療機関、「こどもサポート教室」 などと連携しながら研究・開発に取り組んでまいります。

(財)発達支援研究所理事長 三井康彦

活動

山本登志哉所長の紹介

情報発信・出版 山本 登志哉
Toshiya Yamamoto
  • 学位
    文学修士(京都大学)
    教育学博士(北京師範大学)
  • 専門
    文化心理学の視点からの発達心理学 法心理学
  • 学歴
    京都大学文学部哲学科心理学専攻
    京都大学文学研究科心理学専攻
    北京師範大学研究生院児童心理研究所社会性発展方向
  • 主な経歴
    就学前知的障害児通園施設 発達相談員
    奈良女子大学助手
    共愛学園前橋国際大学教授
    早稲田大学教授
    中国政法大学客座教授
    中国政法大学特聘研究員
  • 所属学会
    日本発達心理学会
    日本教育心理学会
    日本質的心理学会
    法と心理学会

子どもの発達,発達障がいに関する主な研究テーマと主要な関連著作


【子供の社会性発達について】
●子どもの所有意識・行動の発達
1991 幼児期に於ける「先占の尊重」原則の形成とその機能:所有の個体発生をめぐって
(教育心理学研究、39(2)、122-132;日本教育心理学会城戸奨励賞受賞)
1997 嬰幼児“所有”行為与其認知結構的発展--日中跨文化比較研究
(北京師範大学研究生院児童心理研究所 博士論文)

●お小遣い研究
2007 Money as a Cultural Tool Mediating Personal Relationships:
Child Development of Exchange and Possession(Takahasi,Noboru 氏との共著)
(Valsiner,J. & Rosa,A.(eds.) Cambridge Handbook of Sociocultural Psychology, Cambridge University Press, New-York, 508-523;朱智賢心理学賞受賞)
2016 子どもとお金 (高橋登氏との共編著) (東京大学出版会)

●文化的発達に関する理論研究
2012 Genesis and Intersubjectivity: Revels of Mediation
(Integrative Psychology and Behavioral Science,46,424-429, Springer )
2013 文化の本質的な曖昧さと実体性について-差の文化心理学の視点から文化を規定す る
(質的心理学研究 No.12 44-66)
2015 文化とは何か,どこにあるのか:対立と共生をめぐる心理学(新曜社)


【障がい児の発達,コミュニケーションについて】
●障がい児発達の理解について
1999 児童自閉症的歴史,現状及其相関研究(片成男氏との共著)
(心理発達与教育、49-52)
2002 他者の期待と自己の展開:自立に向かう幼児たち
(シリーズ「発達と支援」第3巻:社会・情動発達とその支援、ミネルヴァ書房)

●障がい児の証言が問題になった刑事事件に関する実験研究
2003 生み出された物語:目撃証言・記憶の変容・冤罪に心理学はどこまで迫れるか
(法と心理学会叢書1、北大路書房)

●障がい者の自白が問題になった刑事事件に関する法心理学的分析研究
2006 構造的ディスコミュニケーション事態として取り調べを分析する
(第6回法と心理学会大会)

●異質な者同士のコミュニケーションに関わる基礎研究
2011 ディスコミュニケーションの心理学:ズレを生きる私たち(高木光太郎氏と共編著)
(東京大学出版会)

お問い合わせ

一般社団法人 発達支援研究所
〒432-8033 静岡県浜松市中区海老塚二丁目24番29
TEL.053-488-4300 FAX.053-488-4322
page_top