児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

近畿エリアからのお知らせ

大阪 富田校

「自由研究」の答えはシャーロックホームズ?……富田校

 皆さん、普段の生活の中で
「あれ?」と思うことってどれくらいありますか?


『ボヘミアの醜聞』
の中で名探偵であるホームズと相棒のワトソン博士がこんな会話をしています。

 
”いともたやすく推理の筋道を説明してしまうので、私(注ワトソン博士)は笑うほかなかった。
「君の推理を聞くと、いつも可笑しいほど簡単なので、私にもできるかと思ってしまうね。
だけども君の引き出す論拠ひとつひとつが、説明を受けるまで何の事やら。
これでも私の目も、君には負けてないつもりなんだが。」
「無論。」
とホームズは答え、紙巻き煙草に火をつけ、肘掛椅子に腰を下ろした。
「見てはいるが、観察していない。差は歴然だ。例えば、君も玄関からこの部屋までの階段は何度も見ているね。」
「何度も。」
「幾度?」
「ん、何百回となく。」
「では何段ある?」
「何段とな? 知らんよ。」
「無論! 君は観察していない。だが見るだけは見ている。それが差だ。
さぁ、僕は十七段あると知っている。見、そして観察しているからだ。(以下略)」”
(青空文庫より)


夏休みの自由研究のはずなのになぜシャーロックホームズ?
と思われたかもしれません。
ですが、この引用部分がとっても大切なんです。


何気なく生活している中で
「あれ?」と思ったことを見て、観察して、考えてみる。
それが自由研究につながるんですよね。


ペットボトルの表面が丸いものとガタガタのものがあるのはなんでだろう?。
だんごむしはなんで丸まるんだろう?
紅茶を入れるときは熱いお湯じゃなきゃいけないのかな?


という普段見ているだけで「あれ?」
と思っても通り過ぎてしまっていることに注目して見ると、
意外と自由研究の種はたくさんあるんじゃないでしょうか?
 
 

.。*゚+.*.。゚+..。*゚+.。*゚+.*.。゚+..。*゚+.。*゚+.*.。゚+..。*゚+

こどもサポート教室「きらり」富田校では、

無料体験・個別見学相談会を受け付けています。

お子さまの発達で気になることがございましたら、

お気軽にお問い合わせください。 

.。*゚+.*.。゚+..。*゚+.。*゚+.*.。゚+..。*゚+.。*゚+.*.。゚+..。*゚+

所在地:大阪府高槻市富田町5-29-13   MAP
電話:072-668-1857
メール:kirari.tonda@kurazemi.co.jp
開校時間:火~土曜 10~19時

.。*゚+.*.。゚+..。*゚+.。*゚+.*.。゚+..。*゚+.。*゚+.*.。゚+..。*゚+

カテゴリー

アーカイブ

page_top