児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

愛知・甲信越・北陸エリアからのお知らせ

愛知 浄心校

第一回 SST小学生集団【浄心校】

 みなさんこんにちは!きらり浄心校です😊

 

今回も引き続きSST集団ついて報告したいと思います★★

11月24日 第1回 小学生SST集団を行いました。

 

 

 

今回のタイトルは「聴くとはどういうこと?」

<スケジュール>

①導入(ボールおくり)

②自己紹介

③聴くとはどういうことをテーマにデモンストレーションとロールプレイ

IMG_7461

 

 

 では今回のメインの⒊聴くとはどういうことについて説明します。

 

学校生活が中心の子どもたち😊

学校生活の中で一番ながーい時間を占めているのは、、そう!聴く時間です!

先生の話しを聴くときに気をつけたいことや発言したい時どのように自分の気持ちを切り替えるかなど、

具体的な例を挙げながら取り組んでいきました。

 

 

 

 

 

 

 

 はじめに・・

お子様には本日の授業プリント2枚を配布しています。

先生が“小学二年生のかずみちゃん”役になって見本を見せます。

 

 お題は3つ!

・先生が話しはじめたのに、かずみちゃんは横のほうを見ている

・先生の話し中に、勝手に自分の話をする。

・先生の話し中に、となりのともだちに関係ない話しをしはじめる。

 

 進め方

①まず初めに先生(かずみちゃん)がお題通りの悪い例を見せる。

②この行動をしているかずみちゃんはどうなってしまうのか。またどうしたら良かったのか子どもたちに聞く。

③子どもたちからの意見を集約し先生が答えを板書する。また子どもたちもその答えを自分のプリントに記入する。

④かずみちゃんがいい例を見せる。

⑤3つのお題のうち、最後2つのお題については、いい例を実際に子どもたちにもロールプレイをしてもらう。

 

2315267772a8b712480bdbbba485fe72

 

自分が発言したいときどうしたらいいのか、逆に自分は先生の話しを聴いていても友達に話しかけられたときに

何と言ったらいいのかなど、実際に練習しました。

 

悪い例を客観的に見ることで、その行動が良くない行動なんだと認識する子どももいました。

自分の気持ちを発言してはいけないということではなく

伝えるタイミングや伝え方が大切(^^)/

学校生活の中で、”あっ!この場面練習したところだ”と気づいたり、行動し、

子どもたちの自信につながっていくといいなと思います。

 

 

 

デモンストレーションやロールプレイなど初めての試みでしたが、

子どもたちも最後まで頑張ってチャレンジしてくれました★★

個別療育では見られない表情も集団療育を通して見ることができたり、

スタッフ一同子どもたちの成長を見れることを楽しみにしています🌼🌼

新たな発見と共に、子どもたちの生活の中で役立てれることを

一緒に学んでいけたらと思います。

 

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

児童発達支援/放課後等デイサービス

こどもサポート教室「きらり」浄心校

住所:〒4510061 名古屋市西区浄心二丁目106

電話番号:0525281575  Mail:kirari.joshin@kurazemi.co.jp

アクセス:地下鉄浄心駅6番出口から徒歩5分

受付時間:火~土 10時~19

 ○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

カテゴリー

アーカイブ

page_top