児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

関東エリアからのお知らせ

茨城つくばみらい校

発声を整えるための自作教材【つくばみらい校】

こんにちは。「きらり」つくばみらい校です。

 

 

言葉をスムーズに話すためには、唇・舌を正しい形にすることに加え、息をなが~く※1吐き続ける必要があるんです。

 

 

息を長く吐き続ける練習によく使われるのが

ピロピロ笛「ピロピロ笛」!

 

 

ただ、この笛はかなり強く息を吹かないと伸びないんです。そもそも唇の形を整えるのが苦手なお子さんだと、口元から息が漏れちゃって、ますますうまくいきません…。

 

 

ということで、作ってみました。プー袋大「プー袋」!(ネーミングセンスはご勘弁…)

 

ポリ袋なので、弱い息でも長く吐き続ければ膨れてきます。この「弱い息を長く」という点がツボ。話をするときの吐息って本当は弱いんです。

 

 

また、極太ストローを使うことで、「ウ段」の音の口形が作れます。さらに太いパイプ※2を用意すれば「オ段」の口形も作れますね。

 

 

プー袋小ポリ袋を小さくすれば肺活量の小さいお子様でも膨らませられますし、顔を書いておけば、練習しているお子様ににっこりほほ笑んでくれます。

 

 

こんな、まるで言語聴覚士の先生がリハビリしてくれるような取り組みができるのも、『個別対応』で療育を行っている「きらり」ならでは。様々なお子様に「オーダーメード」を提供する「きらり」。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

※1「なが~く」と言っても3秒程度ですが。

※2 100均ショップで手に入るストローでは、直径12mmが限界でした…。

「きらり」つくばみらい校玄関
こどもサポート教室「きらり」つくばみらい校

茨城県つくばみらい市陽光台1-4-5 フラーゼみらい平1階C号室

(↑クリックするとGoogleマップが開きます。)

電 話 0297-21-6437

メール kirari.tsukubamirai@kurazemi.co.jp

一覧に戻る

カテゴリー

アーカイブ

page_top