児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

関東エリアからのお知らせ

川崎 稲田堤校

支援後の「お楽しみタイム」【川崎 稲田堤校】

慌ただしく4月が過ぎ去り

幼稚園や学校生活にも

慣れてきたころかと思われます。

 

4月から新しく通い始めたお子様たちも

少しずつ「きらり」の過ごし方に慣れ、

笑顔が増えてきました。

 

運動会の練習などにも力が入る5月

体調管理に気をつけて過ごしましょう。

 

今回は、「きらり稲田堤校」で大切にしている

「お楽しみタイム」について紹介します。

 

「きらり」では、1時間の枠を使って

個別の療育を行っています。

子どもへの支援は45分間ですが、

残りの15分間は保護者の方への

フィードバックの時間となっています。

 

その間、子どもたちは指導員と一緒に

「やりたいこと」を選んで遊んでいます♬

くみくみスロープ積み木本読みお絵かき

風船ボール遊びなどを楽しんでいます♪

中には「お楽しみタイム」でこれをやりたいから、

「この算数をがんばる!と張り切って課題に取り組むお子さんもいます☆

 

先日、支援の中で風船を使って野球をしました。

終了時間が近づいてきた時、

支援が終わった他のお子さんが交じりたそうにしていました

 

支援していた子はお友達と関わることが苦手な子でしたが、

「どうする? 野球に入れてあげる?」と聞いたところ、

しばらく悩んでから、「いいよ!」と。

 

野球に加わった子もちょっとルール理解が苦手な子でしたが、

始める前にみんなで話し合いをしながら、

「ぼく、キャッチャーやりたい!」

「ぼくは、打ちたい!」などと役割が決まり、

それに沿って進めていく中で、

一緒に野球を楽しむことができました。

 

とても楽しそうに関わっている2人の様子を、

笑顔で見ていたお母さん姿が印象的でした。

 

 ある時は、ボール遊びの中で、

他の子が「あんたがた どこさ」をしているのを見て、

「できないけど、自分もやりたい!」

と何回も練習して、「できた!」と喜ぶ姿

見せてくれた子もいました。

 

 「お楽しみタイム」でのお友達との関わり通して、

関わることの楽しさを味わって、

さらに「きらりが楽しい居場所」になるといいな、と思っています。

 

 

きらりでは、毎月1回

地震・火災・不審者などを想定しての

「避難訓練」を行っています。

今月は、支援の中で「火災」を想定しての訓練を

中学生の男の子と一緒に行いました。

 

避難訓練写真

煙を吸い込まないように、手で口元をおさえて避難することができました

 

 

無料見学・相談会実施中!!

たくさんの見学・相談を利用したいとのお問い合わせをいただき、感謝いたします。

多くの方の相談・見学希望に対応できるよう、平日でも受付けています。

ぜひご連絡ください。

無料見学会・相談会PDF(平成30年度)

図2

♢♦♢♦♢♦こどもサポート教室「きらり」稲田堤校♢♦♢♦♢♦

〒214-0001

川崎市多摩区菅4-7-1ベルジュ多摩102

電話:044-819-6602

E-mail inadakirari@kurazemi.co.jp

営業時間 火~土 10:00~19:00(日、月曜日休み)

Photo_17-08-30-15-01-20_048-300x169 Photo_17-08-30-15-03-32_534-300x169

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

空き情報

放課後等デイサービス

 平日若干あります。※時間・曜日のご相談が必要です。

児童発達支援

 平日午前中に空きあり。※お勧めです。

ご利用をご希望の方はお早めにご連絡頂きますようお願い致します。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

自閉症、自閉症スペクトラム、ADHD、アスペルガー症候群、

ダウン症、広汎性発達障害、普通級、支援級、個別支援級、

知的障害、LD、重複障害学級、ことばの遅れ、グレーゾーン

多摩、稲城、療育

一覧に戻る

カテゴリー

アーカイブ

page_top