児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

関東エリアからのお知らせ

川崎 武蔵小杉校

上手なほめ方のポイント【川崎 武蔵小杉校】

みなさん、こんにちは。

川崎市中原区で個別療育を行っております、

こどもサポート教室「きらり」武蔵小杉校です。

 

 

来所されるお母さんたちからよく聞かれるのが

「どこをどう褒めたらいいのかわからない」

というお話。

 

特に発達に偏りがあったり、得意不得意の差が大きいお子さんは

できないことが目立ちやすく、お母さんもイライラしてしまいがち・・・。

 

shitsuke_hysteria

その気持ち、す~~~~~ごくわかる (;’∀’)

 

叱るよりもほめて伸ばしたいと思っていても、

その場その時の状況でうまくいかないことも多いものです。

 

 

今回はお子さんをほめて伸ばすための

ポイントを紹介したいと思います。

 

①伝わるように、具体的に褒める

「お着替えが一人でできてすごいね!」

「お片づけを最後までがんばったね!」と、

具体的に伝えてほめることで、何を褒められたのかわかりやすくなります。

 

②すぐにその場で褒める

例えば、お片付けができたときはすぐに

「お片付けできたね!」とその場ですぐにほめてあげてください。

なぜほめられたのかがわかりやすくなります。

 

③「がんばっているとき」に褒める

子どもの努力を持続させるには、

「がんばっている途中に褒めるのも良いです。

今やっていることをほめてもらえることで、

「安心」や「自信」につながり努力を続けやすくなります。

 

④褒めるところはスモールステップ

「できないことばかりで、ほめるところがない!と思う時には

「ほめるところを1段低くする」ことも必要と思います。

 

目標にしていることの一つ手前で褒めていくことで、

少しずつ目標に近づいていってくれます。

 

⑤褒められたことが見てわかるようにする

「お片付けができた日はカレンダーにシールを貼る」など、

ほめられたことが見てわかるようにすることも、

子どものやる気を持続させることにつながります。

 

 

どのポイントもちょっとした工夫ですが、

子どもの反応は結構変わってくると思います。

 

 

紹介したポイントの1つからでも良いので、

上手なほめ方やってみませんか?

kosodate_nadenade_boy

 

 

********************

 武蔵小杉校では、

 無料の療育体験も随時実施・受付しております。

 ご希望の日時・時間でのご案内等が難しい場合も

 ございますので、お早めにご連絡ください。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 こどもサポート教室「きらり」武蔵小杉校

  住所:川崎市中原区新丸子東2-925 オグチビル2階

  営業時間:火~土曜日 10:00~19:00 (日・月曜休み)

  TEL:044-750-9951

  E-mail: kirari.musashikosugi@kurazemi.co.jp

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

自閉症、自閉症スペクトラムASD、ADHD、アスペルガー症候群、

ダウン症、広汎性発達障害、普通級、支援級、個別支援級、特別支援、

知的障害、LD、重複障害学級、ことばの遅れ、グレーゾーン、不登校、

武蔵小杉、高津区、中原区、幸区、横浜市、大田区、世田谷区

一覧に戻る

カテゴリー

アーカイブ

page_top