児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

関東エリアからのお知らせ

川崎 稲田堤校

コミュニケーションと言語【川崎 稲田堤校】

こんにちは。暦はもうすぐ2月ですね。インフルエンザが流行っています。

 

稲田堤校でも手洗い・うがいをこまめに行っています。

 

みなさんも、お気を付けください。

 

稲田堤校 1~3月 イベント  開催中

「個別療育見学会・説明会」のご案内

 

無題1

 

PDFはこちら!

 

 

 

さて、今回のテーマは、「コミュニケーションと言葉(音声言語)」

 

 

先日、近隣の商店街の方とお話をする機会がありました。

 

その方のお話によると、

 

「お知り合いのお子様が、言葉が出ないので、コミュニケーションがとれない。」

 

とのことでお悩みのご様子でした。

 

お話を聞くと「コミュニケーション」と「音声言語・言葉」を混同している節がありました。

 

 

ところで、コミュニケーションとは?

 

事典類にさまざま書いてありますが、

 

簡単に言うと、「お互いに気持ちや考えなどを伝え合うこと」というような

 

まとめができそうです。

 

 

では、言葉が出ないと、コミュニケーションは取れないのでしょうか?

 

とある専門家の方から先日お話をお伺いする機会がありました。

 

その方によると、「コミュニケーションは、表出する(発信する)のが先」だそうです。

 

 

発達段階に課題があるために言葉が出にくい症状の方もいるのに、表出する(発信する・伝える)のが先?

 

そうお感じになる方もいらっしゃったのではないかと思います。

 

 

じつは、私たちは、「コミュニケーション」と「言葉(音声言語)」を別々に捉えています。

 

コミュニケーションとは、「気持ちや感情、考えなどを伝えようとすること、お互いに伝えあうこと」であり、

 

言葉でなくても、意思疎通ができて心が通い合うかどうかが大切であると考えます。

 

 

 

それに対して、音声言語とは、

 

「コミュニケートする際に、言葉で表出する(表現する・伝える)際に相手の耳(聴覚)に届けるもの」

 

と、いえるでしょうか。

 

 

お話しが苦手なお子さんを持つ方のお話を聞く機会はたくさんありますが、

 

様子をみていると、実は豊かにコミュニケーションをとろうとしていたり、

 

保護者様とお子さんとの間に、言語を介さなくても心が通い合っていたりすることが、

 

私たちにもしっかりと伝わってきます。

 

 

このようなとき、私たちは、「コミュニケーションの力はしっかりとしていますね。」

 

「少しずつお話しできるようになるために、お手伝いさせてください。」とお伝えします。

 

「コミュニケーションをとりたい、気持ちを伝えたい」という気持ちが強くなれば、

 

言葉を獲得するスピードも増してきます。

 

そして、獲得した言葉をつかえるようになります。

 

「コミュニケーションは表出が先」ですが、言葉(音声言語)は、獲得、つまり、

 

自分の中にある引き出しにたくさん入って貯まることで、表出できるようになります。

 

 

私たちは、発達段階をしっかりと理解し、お話が苦手なお子様の心の引き出しの中に、

 

丁寧に順序良く言葉を入れるお手伝いをします。引き出しやすく、使いやすく整頓しながら

 

言葉を入れるお手伝いをすることで、言葉の表出を促しています。

 

 

お子様の言葉に対する不安やご心配がある方は、ぜひ「きらり」にご相談ください。

 

皆様の不安を安心に変えるお手伝いができれば、私たちにとって、とても嬉しいです。

 

 

♢♦♢♦♢♦こどもサポート教室 「きらり」 稲田堤校♢♦♢♦♢♦

〒214-0001 川崎市多摩区菅4-7-1ベルジュ多摩102

電話:044-819-6602

E-mail inadakirari@kurazemi.co.jp

営業時間 火~土 10:00~19:00(日、月 休み)

♢♦♢♦♢♦ ♢♦♢♦♢♦ ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ ♢♦♢♦♢♦  ♢♦♢♦♢♦ ♢♦♢♦♢♦ ♢♦♢♦♢♦ 

駐車・駐輪スペースあり。

見学・体験可能。

 

児童発達支援・放課後等デイサービス

受け入れ中。お早めにどうぞ。

一覧に戻る

カテゴリー

アーカイブ

page_top