児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

関東エリアからのお知らせ

川崎 武蔵小杉校

みょうがん先生からのメッセージ 8【関東】

皆さんこんにちは!

 

 

いつも  きらり のブログをお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

『発達障がいの子どもの可能性を伸ばすためにできること』

 

 

というテーマで、神奈川県 川崎市内で講演会を開催させて

いただいてから8か月以上が経ちました。

 

 

この間、関東エリアにもたくさんの

こどもサポート教室きらりが誕生して、

たくさんのお子様にご利用いただいております。

 

 

講師2

 

さて、この連載記事では、みょうがん先生が

講演会で実際に使用されたスライドの内容を

テーマごとに分けて、お伝えさせていただいております。

 

 

題して、『みょうがん先生からのメッセージ』 です。

 

 

最終回の第8回目は『子どもへのまなざし』についてです。

 

 

それでは、最後までお付き合いのほどよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

成長をなぞる

 

 

その子の成長をなぞるように

 

周囲の子どもと比較するのではなく、半年前の子どもと現在の子ども、

半年後の子どもを比較する。

 

 

 

諦めないこと

 

 

1.何かに取り組む時も、大きな成果が得られないからといって

  小さな成果をあきらめないことが大切

 

 

2.時間を味方にすることで、次の成長・可能性のチャンネル

  ひらく展開はやってくる

 

 

 

小さな成果の積み重ねが、子どもの予後を良い方向に変えていく。

 

 

養育者としても、子育てを投げ出さない人は、人間的に非常に魅力的になる

ことを療育の実践者は語っている。

 

 

 

 

子どもが将来、社会で活躍するために

 

 

児童精神科医:田中康雄先生の言葉

 

 

 

1.子どもの長所を探す。「ないと思ったら作ってでも

 

2.ささやかな頑張り既にできていることをクローズアップする

 

3.否定的あるいは皮肉交じりの(適切な)言葉をかけない

 

4.「本当によく頑張っているね」と報われることの少ない子どもたちの

    頑張りにもっと光をあてる

 

 

 

何よりも子どもたちに、優しいトーンで声掛け・あいさつを常にかけてあげたい。

 

 

 

 

 

 

今回のメッセージは、いかがでしたか?

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

みょうがん先生からのメッセージは今回で最後になりますが、 

きらりのブログでは、これからも皆様のお役に立つ情報を発信して

参りますのでどうぞお楽しみに!!

 

 

過去の連載記事は、下記のリンクから

お読みいただくことができます。

 

 

また、講演会の開催地が武蔵小杉でしたので、

川崎武蔵小杉校のブログ一覧からもこの連載記事を

お読みいだくことが出来るようになっております。

 

(*きらりホームページトップ⇒⇒関東エリアのブログ「一覧を見る」を左クリック

 ⇒⇒画面下方のカテゴリーで「川崎武蔵小杉校」を選択します。)

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

9月25日 みょうがん先生からのメッセージ7

9月21日 みょうがん先生からのメッセージ6

8月  5日 みょうがん先生からのメッセージ5

7月12日 みょうがん先生からのメッセージ4

5月20日  みょうがん先生からのメッセージ3

4月21日   みょうがん先生からのメッセージ2

3月11日 みょうがん先生からのメッセージ1

2月25日   関東開校記念 講演会レポート2

2月  5日   関東開校記念 講演会レポート1

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

一覧に戻る

カテゴリー

アーカイブ

page_top