児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

札幌・東北エリアからのお知らせ

札幌 旭ヶ丘校

☆七夕☆【札幌旭ケ丘】

  ここをクリックすると見学・体験・資料請求のお申込みができます


 

 

こんにちは。こどもサポート教室クラ・ゼミ『旭ヶ丘校』です。

雨続きの日々ですね。

北海道にも梅雨があるのかな?と、思う今日この頃です。

 

かたつむ

 

そんな雨続きの日にはおうちで絵本を読み聞かせてもらうお子さんも多いと思います。 クラゼミでも療育に読み聞かせを入れることもあります。

例えばこんな風に…。

 

「この子はどんな気持ちだったかな?」「いやだったと思うよ…。」、

「こんな時、〇〇ちゃんだったらどうかな?」「うーん…。僕だったら…(私だったら…)」

などと気持ちを引き出したり。

 

また、集中してお話を聞くことの練習としても、有効です。

学校でも担任の先生の話を聞く事が大事になります。

ほわぁんと違う事を考えて、先生の指示が記憶できず次に何をしたらよいかと戸惑ってしまうお子さんもいます。そんなお子さんが集中してお話を聞き、その内容を覚えていられる。時に絵本はそんな子の教材にもなるのです。

 

「お話を読んだ後、クイズを出すからねぇ♪」と声掛けをします。

 

なに!?クイズ!?正解したい! と思ってくれたら嬉しい限りです。

集中して聞き逃さないよう聞いてくれます。

 

「あるところに~

    ~でした。お・し・ま・い」と読み終わったその後に、

「さて問題です!ジャジャン‼

問題①  魚を食べたのはだれでしょう?

問題②  その子の名前はなんですか? 」

(視覚が優位な子には問題文が書かれた紙を用意して見せながら質問します。)

 

わかったら元気に大きな声で答えてくれます。

「大正解!よく聞いていましたね!!」と大絶賛! 

繰り返すことで読み聞かせを始める時から、静かに聞き入ってくれるように思います。

 

絵本には大きな力があります。そんな素敵な力を活用した療育のご紹介でした。

 

 

 さて、本州では7月7日は七夕、北海道は8月7日が七夕ですね。

クラゼミ旭ヶ丘校も七夕の飾りつけをしました。子ども達がお願い事を短冊に書いてくれています。

たなばた

たなばた1

 

たなばた2

たなばた

 

また、6月29日にクラ・ゼミ北海道エリアが一堂に会し、研修会を行いました。

より良い療育について話し合い意見を交わしました。日々、学ぶ姿勢を大切に子ども達

1人1人と向き合っていきたいと改めて思った一日でした。

 

 

<お知らせ>

8月に工作イベントを開催予定です。

 

 

札幌市中央区南9条西20丁目1-1 ヒロ920 1F【MAP】←クリック

IMG_2228

TEL/FAX 011-596-0262

見学・体験・資料請求のお申込みページはこちら

元気サーチ←クリック

営業時間(月~土 10:00~19:00まで)

『札幌地区児童発達支援連絡協議会(札児連)』のリンクを開始しました。

   ↑をクリックするとリンク先へ行くことができます

logo2017

 

一覧に戻る

カテゴリー

アーカイブ

page_top